岡山中央クリニック > 調べる > 尖圭コンジローマ(コンジローム)

尖圭コンジローマ「せんけいこんじろーま」(コンジローム「こんじろーむ」)

尖圭コンジローマは包皮や亀頭に出来る粟粒大ほどの赤いブツブツとして始まり、少しずつ乳頭状に膨らんでいくという、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) が原因となっている性感染症です。自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと半月単位でどんどん増え、カリフラワー状になりますので、気づかれたら早めに処置した方が良いです。
特に包茎の人は性行為の際に弱い皮膚に出来た細かい擦りキズからウイルスがすでに侵入していることが多く、一度尖圭コンジローマを治療しても再発しやすいので、包茎治療も併せて検討されることをお勧めいたします。

症状

カリフラワー状やニワトリのトサカ状のイボができる。
痛みやかゆみはありません。
放っておくと大きくなり、数も増えますので早めに治療を受ける事をお勧めします。
似たもので、真珠様陰茎小丘疹やフォアダイスという病気ではないものがあります。

治療方法

ブツブツのある部分に局所麻酔を少量うち、電気凝固という方法で焼いてしまいます。
お薬(塗り薬)での治療も可能です。(2〜3ヵ月の継続的な治療が必要です)
再発しやすい性病ですので感染しにくい環境にすることも重要です。

原因

性行為・オーラルセックスによりヒト乳頭腫ウイルスが感染して起こる性病です。
性行為でなくても皮ふや粘膜の傷口からサウナや公衆浴場などで感染することもまれにあります。

潜伏期間

3週間〜8ヵ月間。
症状が出ていなければ分かりません。
再発が多い性病です。治療後、半年間のうちに再発がなければ完治したと判断します。

お問い合わせ

0120-088-490
メール予約

病名を調べる

症状を調べる

岡山中央クリニック

岡山中央クリニック入口 岡山県岡山市北区
奉還町1丁目2-1MKビル1F
岡山駅西口徒歩3分
0120-088-490
[予約受付]
土・日・祝日も開院 
9:30〜19:00 (予約制)
≫詳しい案内地図はこちら

お問い合わせ

0120-088-490(10:00〜18:00)
メール予約・お問い合わせ

リンク

岡山中央クリニック オフィシャルサイト
美容外科・整形外科(女性の方)
包茎手術専門サイト
早漏対策専門サイト
長茎手術専門サイト
脱毛専門サイト(男性の方)
脱毛専門サイト(女性の方)
ヒゲ脱毛専門サイト