岡山中央クリニック > 調べる > 梅毒

梅毒「ばいどく」

梅毒は、梅毒トレポネーマの感染により起こる性行為感染症・性病です。
近年稀な病気です。
第1期から第4期に分かれ、症状も変わります。
感染している場合、HIVにも感染しやすいので、HIV検査もあわせて受けることをお勧めします。

症状

第1期(3週間〜3ヵ月)無痛のしこりができてリンパ腺が腫れる。
第2期(3ヵ月〜3年)ピンク色の円形のあざ。赤茶色の盛り上がったブツブツ。脱毛。
第3期(3〜10年)皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍・しこりができる。
第4期(10年以降)心臓、血管、神経、目などに重い障害が出る。死亡。
自覚症状がない場合もあるので、心当たりがあれば検査を受ける事をお勧めします。

治療方法

血液検査を行なった上でお薬(抗生物質)を処方します。
第1期で2〜4週間、第2期では4〜8週間、第3期以降は8〜12週間。

原因

性行為・オーラルセックスにより梅毒トレポネーマが感染して起こる性病です。
皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌が侵入し、血液中に入って全身に広がります。
口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。
母子感染、輸血血液を媒介とする感染もあります。

潜伏期間

2〜3週間。
感染する可能性があった日から約6週間経っていないと検査で分かりません。

お問い合わせ

0120-088-490
メール予約

病名を調べる

症状を調べる

岡山中央クリニック

岡山中央クリニック入口 岡山県岡山市北区
奉還町1丁目2-1MKビル1F
岡山駅西口徒歩3分
0120-088-490
[予約受付]
土・日・祝日も開院 
9:30〜19:00 (予約制)
≫詳しい案内地図はこちら

お問い合わせ

0120-088-490(10:00〜18:00)
メール予約・お問い合わせ

リンク

岡山中央クリニック オフィシャルサイト
美容外科・整形外科(女性の方)
包茎手術専門サイト
早漏対策専門サイト
長茎手術専門サイト
脱毛専門サイト(男性の方)
脱毛専門サイト(女性の方)
ヒゲ脱毛専門サイト