岡山中央クリニック > 調べる > 膣トリコモナス症

膣トリコモナス症「ちつとりこもなすしょう」

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫の感染により起こる性行為感染症・性病です。
男性の場合には、無症状のことが多いです。
男性の場合、尿道への感染であれば排尿により洗い流される可能性があります。

症状

尿道からの分泌物(うみ)
軽い排尿痛
自覚症状がない場合もあるので、心当たりがあれば検査を受ける事をお勧めします。

治療方法

尿検査を行なった上でお薬を処方します。
約10日間の服用で完治します。

原因

性行為による感染が主ですが、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。
性行為の経験のない方や幼児にも感染することがあります。

潜伏期間

4日〜3週間。
感染する可能性があった日から2〜3日経っていれば検査可能です。

お問い合わせ

0120-088-490
メール予約

病名を調べる

症状を調べる

岡山中央クリニック

岡山中央クリニック入口 岡山県岡山市北区
奉還町1丁目2-1MKビル1F
岡山駅西口徒歩3分
0120-088-490
[予約受付]
土・日・祝日も開院 
9:30〜19:00 (予約制)
≫詳しい案内地図はこちら

お問い合わせ

0120-088-490(10:00〜18:00)
メール予約・お問い合わせ

リンク

岡山中央クリニック オフィシャルサイト
美容外科・整形外科(女性の方)
包茎手術専門サイト
早漏対策専門サイト
長茎手術専門サイト
脱毛専門サイト(男性の方)
脱毛専門サイト(女性の方)
ヒゲ脱毛専門サイト